やびよやびよ

 

~やびよやびよ~

 

始まりの合図感じたら皆飛び込め

難しいことはぬき目一杯地面蹴り上げて

抱きつけ暑さにこの瞬間を逃さないで             

減速はいらないぞ何を迷っちゅうんですか

太陽に焦がされ真っ赤になって思い出まみれ

ひまわり花火より咲き誇れ

限界なんて吹き飛ばせ

 

やびよやびよありったけ

やびよやびよ溶けるまで

やびよやびよ理由なんて

今今だけは遊べ子供よりもはしゃげ

 

出し惜しみは無しだ心のままに

水を得た赤身魚が泳ぐように

悩み事は海に預けちゃって

自由に跳ね飛べそうさ行けるとこまで

水着のギャルを横目に仲間たちと作戦会議

3分後の未来が残酷だって

 

 

をぉーをぉーをぉー・・・

 

太陽に焦がされ真っ赤になって思い出まみれ

ひまわり花火より咲き誇れ

限界なんて吹き飛ばせ

 

 

をぉーをぉーをぉー・・・

 

式根島出身の歌い手「夏一」